アニメ「SCARLET NEXUS」 ~感想

録り貯めしていたアニメ「SCARLET NEXUS」を一気観しました。
以下、多少のネタバレを含む感想となります。

 

荒廃した世界での超能力を持った集団・組織と主人公の話。
この設定だけ見ると、同じサンライズ作品「スクライド」が思い浮かびますが内容や話の展開は全然違いました。

 

2クール26話の作品でしたが、観てるのが色々とキツイ作品でした。

この作品の問題点・駄目な点…それは、
謎・設定明かしが前面に出過ぎ、謎・設定明かしありきで物語が展開される、そのストーリー構成です。

1話1話の構成が物語の謎・設定をちょこちょこ小出しにするだけの話になってる…少しずつ謎・真実が明らかになるだけの物語でしか紡がれていないのでキャラクターが弱くお話、物語、エンタメとして弱いのですよ。

 

謎や設定だけを散りばめてそれを少しずつ回収するだけのストーリー構成では面白くならないよ、とそのストーリー構成・シリーズ構成の悪さ・ダメさがまず目立ちます。

 

謎・設定明かしにばかり一生懸命になっているからキャラが薄いのです、キャラを描くという事、キャラの深掘りが出来ていないのです…。

そんな風にキャラ描写をなおざりにしているから、そんな薄いキャラだから、物語中に仲間キャラが二人ほど命を落とす展開があるのですが観てて何の感情も起らんのよ…。
キャラが薄いからね、キャラの深掘りが出来ていないからね、謎・設定明かしありきで物語を展開させてるから、謎・設定明かしする事を第一に物語を描いているから、キャラ描写を疎かにしているから
こういう事になるのよ…。

 

この作品を観るちょっと前にね劇場版パトレイバーが放送してたのですが、やはりキャラが良いよね、お話がオマケみたいになってる、そう感じるほど魅力的がキャラが多いのが良いのよねパトレイバーは。
キャラが魅力的に描けていればその作品は充分に面白くなる、キャラって大事よね、というお話。

 


次に、敵である怪異の設定がよう分からん問題。
なんか剣や銃で怪異を攻撃して撃退してるんだけど通常兵器が怪異に通じるのであれば超脳力部隊を編成する意味ないよな…と物語導入部で語れた超脳力部隊の意味が分からんのですわ。
まぁ原作?がゲームみたいだからゲームの設定ありきだったのだろうね。。。
いや、この作品において超脳力の設定が重要なのは分かるよ…「時間跳躍」の超脳力がこの作品の根幹だものね。しかし逆を言えば時間跳躍以外の超脳力は別にどうでも良いというか唯の賑やかし的な意味しかない。。。
物語導入の超脳力設定がそんな扱いになっているのがダメなのよね…。

 

 

そしてあの最終話もよう分からん。
ラスボス連隊長が救おうとしていた金髪短髪少女がなぜ救われたのか、納得できる説明がなされていない…「奇跡」で片付けられているのよ。。。
ゲートが閉じたのは・もつれが消えたのは、もつれを生んだ本人そのものの存在自体が消えたから、と納得は出来るのですが、
これまで何千何万回と試行錯誤してきて叶わなかった目的がなぜ急に達成できたのか、どの様な手段で・理由でこれまで解決できなかった問題を解決出来たのか、全く分からんのですわ。
これではご都合主義といわれても何も言えない展開ですよ…もう少し納得・説得力を持ってお話を創らないと。

 

あとは、後日談的なその後の部隊ついてのお話も微妙…。
時間が経つにつれ主人公の二人以外は存在自体が消えたラスボス連隊長の事を忘れて行くという展開ですが、
個人的に思うのはせめてラスボス連隊長が救った金髪短髪少女には最後にそれこそ奇跡(時間跳躍能力持ちではないにも関わらず記憶を保持しているという奇跡)でラスボス連隊長の事を思い出して終わって欲しかったけど…、思い出さないままあまりにも哀しく空しく終わってしまい、なんだかなぁ~という感じです。

 


あとこれは別にどうでも良い事ですが、作品の物語展開以外のところで気になったのが、
バトル中たまに背景が青一色、赤一色になったりするんだけどあれなんだろうね?キャラの心情を表現した演出という感じにも見えず、なんか背景作画が間に合わなかったのかなと思える感じなのよ、ホントなんだろうね…演出だとしたらどういう意図だったのかね?

 


作品の評価としては、可もなく不可もなくとなります。


以上