アニメ「それでも歩は寄せてくる」 ~感想

録り貯めしていたアニメ「それでも歩は寄せてくる」を一気観しました。
以下、多少のネタバレを含む感想となります。


からかい上手の高木さん」の作者の作品(最近で言えば「くノ一ツバキの胸の内」も)。
「からかい上手の~」の高木さん同様、ヒロインを可愛く描くのが上手い作者よね。
そしてアニメを観て視聴者(俺)にヒロイン可愛いと思わせた時点でアニメ制作側の勝ちな作品よね。

と、ヒロインの描き方が可愛いと感じた事は間違いなく本当なのですが、それと同時に危ういとも感じたのですよね。

 

この作品を観ていてヒロインを可愛く感じる要因は、主人公がヒロインに対して物怖じせず照れもせず面と向かって直接「可愛い」や「デートしたい」等の言葉を投げかけ、
それに対しヒロインが赤面してドギマギする様子が可愛く感じるのだと考えています。
(しかし主人公は「好きだ」や「付き合ってください」という直接的な告白はしないんですよね…それは告白するのは「将棋で先輩(ヒロイン)に勝った時」と決めているからであり、これについては第1話で主人公のモノローグでの説明入れてるのが良い、巧く効いてると思います)

 


しかし、これはヒロインが主人公に気がある・悪く思っていない、から成り立っているお話になるんですよね。
もしこれがヒロインが本気で嫌がっていたら・主人公の事が全くタイプではなくもし告白などされても全く付き合うつもりがないとしたら、連日の様に「可愛い」、「デートしたい」と言ってくる主人公はただの危ない奴になってしまうのですよね。


もしヒロインが主人公の事を純粋にただの将棋部の部員の一人、としてしか見ていなかったとしたら
~主人公の「可愛い」、「デートしたい」の言葉に対して、ヒロインが「そういうの本当にやめてください、真面目に将棋してください」と冷静に返されるような関係だとしたら~
この作品は成り立たなくなるんですよね。
(この作品に限らず「からかい上手の高木さん」の高木さんの西片に対する「からかい」も西片への好意がなく純粋にただ「からかって」いるだけだとしたら成り立たなくなる作品ですよね)


つまり主人公に対する「好意」が前提にあるから成立する話となっている訳で、、、何故だか分からないけど(納得のある理由・描写はないけど)最初から主人公に対し好意を抱いてくれているヒロインという描き方が、都合の良い男の願望のためにあてがわれたヒロインと感じられて(しかもこの作者の他作品のどのヒロインも押しに弱い感じのヒロインとして描かれてるのがまた…)危ういと考えてしまうのですよね。

 

今作のヒロインは特に深い(納得できる)理由もなく主人公からただ「可愛い」、「デートしたい」などと言われたから意識した・好きになったと感じられ、その軽さ・チョロインっぷりが男に都合が良いと感じられてしまうのですよね…まぁそこが可愛くも感じるのも確かだけど。。。

 


まぁ色々と原作のマイナス面を書きましたが決して全否定している訳ではなく都合の良い男の願望で全然OKむしろ好きで、アニメ観てヒロイン可愛いと思わせた時点でアニメ制作側の勝ちな作品で、
作品の評価としては、可もなく不可もなくとなります。
(さすがにプラス評価にはならない)

 

以上