アニメ「EX-ARM エクスアーム」 ~感想

録り貯めしていたアニメ「EX-ARM エクスアーム」を一気観しました。
以下、多少のネタバレを含む感想となります。

 

全編フルCGアニメ(一部手書きもあるみたい)の本作ですが…
OP酷い、なんだこのマネキンの見本市みたいな映像…怖いんだけど…
作品の顔ともいうべきOP映像がこれって(これで良いと判断した)その感覚が理解できません。
口空けて固まったクルクル回る映像見せられても…

 

そして、OP映像だけでなく本編も動かない…
顔もキャラクターの感情が読み取れないほど固まったままだし、CG特有の非人間的な動きだし、これなら人形劇の方がまだ感情を感じ取れるわ…いやこれは人形劇に失礼ですね。

なんかもうCG専門学校の学生作品なのかという出来です。いやこれは専門学校生にも失礼か?

 

…主人公の設定が、2014年から眠り続け目が覚めたら2030年でした~16年経ってた…というものなのですが、この作品のCG技術も15、16年以上眠っていた昔の技術を使ったのかと疑うほどのレベルです。
なんかもう素人がCG制作ソフトを使って作ってみました感が凄まじいのです。とてもプロの仕事とは思えないのです(プロであって欲しくない)。


お話自体はそんなに悪くない(別に良くもない)けど…
やはりお話よりもあの映像の酷さに目が行き、こんな仕上がりになった事を作者はどう思ってんだろ…
と原作漫画の作者が気の毒になりました。


作品としてはまぁ、可もなく不可もなくとなります。


以上

アニメ「裏世界ピクニック」 ~感想

録り貯めしていたアニメ「裏世界ピクニック」を一気観しました。
以下、多少のネタバレを含む感想となります。


第1話を観て思ったのはこの作品は「メイドインアビス」を観て創られた作品じゃないかなと感じました。少女二人が現実世界と地続きの異世界を探検するというお話。
しかし、「メイドインアビス」ほどシッカリ造り込まれていない感じを受けます。


裏世界のルールや設定がイマイチ造り込まれていない、物語の構成が巧く出来ていない・盛り上がりが作れていないのです。
話の展開や襲ってくる敵に対応する主人公達を観ててても「お、おう…」としか感じないのです。


裏世界のシステムや襲ってくる敵の行動理念・目的、主人公達の目的(一応、探し人の設定・目的がありますが)…その思いの強さ、なぜそれ程までに・命を懸けてまで
裏世界に行こうとするのか、そこに納得・説得力が足りてないのです。


こういう点についての納得・説得力が「メイドインアビス」にはあるのです。
「裏世界ピクニック」の方にはその納得・説得力が感じられず、「メイドインアビス」を観て、同じ様な話す創ってみよう~みたいな軽いノリで深い考えもなく書かれた感じが否めないのです。

物語終盤は怪談・都市伝説みたいな話になり、ここからも設定がブレている・作り込まれていない事が窺えます。
少女二人の友情・百合もの(ライト百合)で行きたいのか、異世界探検みたいなオカルトファンタジーで行きたいのか、ミステリー・サスペンスで行きたいのか
ホント、良く分からないお話の作品でした。


原作そのものについてはまったく面白さを感じないのですが、
アニメーション自体はシッカリ丁寧に作ってあり好感が持てます。
(まぁ主人公のオッドアイ描写がカット毎に変わったりするのが良く分からないのですが…注意して観たらもしかしたらちゃんと法則性があるのか?…多分ない)

 

作品全体としての評価は可もなく不可もなくとなります。


以上

 

アニメ「BEASTARS(第2期)」 ~感想

録り貯めしていたアニメ「BEASTARS(第2期)」を一気観しました。
以下、多少のネタバレを含む感想となります。


またまたありました。BEASTARS(第1期)の感想でも書いた、意味不明な画面二分割カット。
犬が一匹走る場面で、同じ犬の横向きカットと後ろから撮ったカットを同一画面で二分割で見せていました。
い、意味分からん…ただ犬が一匹走ってるだけだよ…後ろから何かに追われてるわけでもないのに…
なにこれ?ナンダロ?もしかしたらコマ割りされた漫画の2コマをを1枚の画としてそのままアニメにしちゃったのかな…特に深い考えや意味もなく…
わからん、謎センス。この後もドンドン出てきます…特に効果のない画面2分割カット。。。
原画一枚の画の力を信じていないんだろうな、制作陣が…。
または、CGで処理するとき、画面を小さくした方が一枚の画の中の情報量が少なくなり描きやすいという省エネのための作画演出なのか?
…作品のための演出だけではなく自分たちの都合のための演出としか思えずやはり好きになれません。
何だろ、この作品の監督はあまりアニメを作った事がない、映像を撮った事が人なのだろうか、なぜこんな事やるのか本当に意味分からん。
一枚の画で魅せる事への創意工夫、構図のカッコよさというのを追及したりせんのだろうか?
特に演出効果のない画面2分割カットを多用するこの監督のセンスが理解できん。


と、まあ演出面についてはここまでで、以下は物語の内容・お話について。。。

 

BEASTARS(第1期)の感想でも書きましたが、自分はこの作品にハマる事はありませんでした。
第2期を観てもやはりそれは変わらず…、それどころかやはりこの作者は何が書きたいのか分からない…作者自身でも分かってないんじゃないのか、やはり「納得」が造れていないと感じ、第1期で抱いた自分の感想に間違いない事を再確認したのでした。

 

レゴシとクマとルイが話の本筋だと思うのですが、
それ以外のところの、演劇部員回りの肉食-草食共存の是非について…肉食-草食の対立?分かり合えなさの話(トラ男と羊?女子、狼少女(ジュノ)とその友達の話、アルマジロ?アリクイ?の腕がもげる話)が描かれていましたが、あれで作者は何を訴えたかったのか良く分かりませんでした。話をどこに持って行こうとしているの?
今後、肉食-草食共存が大きく変わる様な話になって行くの?この今の共存関係はつい最近(数年~十年以内)できたものなの?今後そんなに簡単に変わる様なものなの?
変わった末に、物語が綺麗に纏まるの?仮に変わったとしても結局は個人の意識問題みたいになるんじゃないの?だとしたら今の共存関係と何か違うの?変わる意味あるの?
本当に先の先まで、最終回の構想が見えて物語創ってんの?構成できてんの?と不安が拭えないのです。

 

途中のレゴシの修行の意味も分からないし(結局、肉食うし…パンダが意味あり気に、レゴシは他の奴と違うぜ…みたいな事言ってたのが全部吹き飛ぶ展開じゃん…)、今回はハルの存在意義も薄いし、本当にテーマが・何を描きたいのか分からん…。

 

物語を創作してんのに、フィクションを自らの手で作ってんのに、今後の展開に関わる事のない様なエピソードをなぜ挿入するのか?なぜその様な無意味な構成にするのか?

(別にドキュメンタリーを撮ってる訳ではないのに~密着して四六時中カメラ回してる訳でないのに~、何故そういう意無意味なエピソードを創るのか分からない)

やはり自分には合わない作品です。


作品の評価としては可もなく不可もなくとなります。


以上

アニメ「ゲキドル」 ~感想

録り貯めしていたアニメ「ゲキドル」を一気観しました。
以下、多少のネタバレを含む感想となります。


この作品は何がやりたいのか全く分からないまま話が進んでいったヤバ怖い作品でした。
5話まで観て、演劇モノなのかアイドルモノなのか百合モノなのかSFモノなのかミステリー・サスペンスモノなのか
何がやりたいのか取っ散らかってる感じでした。
5話まで観てこんな感じだったのでヤバいヤバいナニコレ訳が分からない怖い怖い…となってきました。

 

最終的にはSFモノで落ち着いたのかなという感じですが(よう分からんけど人類補完計画みたいな話だったのかな?)、
制作側の自己満で終わった(作品とはある程度はそういう部分もありますが)、エンタメ性が薄い、視聴者置いてけぼり感が強い作品という印象です。

 

作画、アニメーションはシッカリ作られているのですが、ストーリー構成がヤバヤバだったのが残念でした。
構成さえシッカリしていれば良作になり得たかも知れないのに…

 

まぁ構成以前にタイトルからしておかしいのですがね…
「ゲキドル」というタイトルは演劇の「ゲキ」とアイドルの「ドル」からきているのですが、先にも述べた様に百合やらSFやらサスペンスやらの要素がドンドン出てきて
演劇、アイドルが中心の話にならないのです。
「演劇」要素は終盤多少は絡んできますが(申し訳程度)、アイドル要素はほぼ無意味です。タイトルに入れるくらい重要な要素であるべきはずなのに…です。

 

制作側は何故このタイトルにしたのか、ちょっと理解できません。
そもそも何故「演劇」+「アイドル」の話を創ろうと考えたのかがまず理解できません。
「演劇」に心血を注いでいる人、「アイドル」を一生懸命やっている人(副業としてドラマやバラエティに出演する事もありますがあくまで本業は「アイドル」)…、
一本の道に絞って全力で取り組んだとしてもその努力が報われるとも限らない厳しい道だと思うのですが、それを安易に「演劇」+「アイドル」=「ゲキドル」だ、新しいね面白いね、わーい!…と発想する神経が理解できないのです。
演劇一本、アイドル一本でやっている人たちをバカにしてんじゃないの?と感じられるのです。
まぁ最悪、主人公達が「金のため」と割り切って、目新しさだけを武器にポッと出てパっと消える~自分たちを「消費される商品」と割り切ってる…と描かれていれば
多少は納得もあったと思うのですが…

 

まぁ何にしても、あの話の内容と「ゲキドル」というタイトルは全く合っていないのですがね…普通にSFっぽいタイトル付けりゃ良いのに何考えてんのか訳わからんわ。

 

作品の評価としては可もなく不可もなくとなります。


以上

 

アニメ「怪病医ラムネ」 ~感想

録り貯めしていたアニメ「怪病医ラムネ」を一気観しました。
以下、多少のネタバレを含む感想となります。

 

ダメな作品。
お話や設定も陳腐でキャラクターにも魅力なく、なぜアニメ化したのか分からない、
アニメ化するほど人気がある作品だったのか?理解できない作品でした。

 

色々とダメな点はありますが、まず、
主人公が医者っぽい事してない…。怪病医というタイトルでありながら…です。
主人公はほとんど医療行為を行わずただ不思議な道具を使って患者を治療?ただ患者に渡して問題が解決するというのが基本的な話の展開なのです。
作中それらの道具を取り扱う店舗や店員が出て主人公はそこから不思議な道具を買っている事が描かれていますが…、
だったらその道具屋の主人の設定で良いじゃん、と医者設定が全く活きておらず意味が分かりません。

 

次に、怪病について…
「目からマヨネーズ」や「耳が餃子になる」、「爪が唐辛子になる」というギャグみたいな怪病の設定に呆れてしまいます。
こういう設定は説得力を持たせるために昔からの伝承や言い伝えを下地にしたりする物なのですが、それをギャグみたいなノリの設定にするセンスが理解できません。
話の内容(怪病の原因)がシリアスなのにこんなギャグなノリの設定のちぐはぐさがおかしいのです…作者はそこんとこ分からんのかね…。


そして、次が、胸糞悪い設定・話(「耳が餃子…」のエピソード)について…
他の日記でも書いていますが、自分は幼い子供が必然性なく命を落とす様な話・脚本の作品は嫌いなのです。
この「耳が餃子…」がエピソードがまさにそれで、幼い子供が誘拐され殺されるという話になります。
いや…、母親が息子の死を受け入れられず世間の声から耳をふさぐという話にしたいのならば、別に、自分(母親)の不注意で事故により命を落とす、という話で充分だろうと思うのですが…、
なぜ敢えてこんな胸クソ悪い話にしたのか、必然性が感じられないただ気分が悪くなるだけの話をただ1エピソードのためだけに創ったのか納得がないのです。この話を創った作者の心理が全く理解できません。
(あと、このエピソードの誘拐犯は捕まってなかったんじゃないかな…なぜ物語の中で犯人を裁かんのだろ…作者の考えがよう分からん)

 


あとは、評価と関係ないところで気になった点を…
「魔入りました!入間くん」の主人公・入間の様なキャラが出てくるのですが、
そのキャラの声に入間役の声優を当てたり、
「爪が唐辛子」のエピソードで出てくる親友二人の声が
「SAO アリシゼーション」のキリトとユージオの声優を当てたりと狙ってるのかなと感じました。

まぁどうでも良いのですけどね…


作品の評価として「不可」の作品となります。

以上

 

漫画「DEATH NOTE 短編集」について

以下、「DEATH NOTE 短編集」について、多少のネタバレを含む感想となります。


まず始める前に述べておくと、DEATH NOTE 好きですよ。
コミックスこそ買ってはいませんが、ジャンプで連載していた当時は毎週読んでいました。
(今回の短編集は買いました)


読んで思ったのは大場つぐみさんはやはりシッカリ「納得」を作る人だな、
読者からツッコミが入るような穴をシッカリ埋めてお話の構成が出来る人だなと感じました。

 

また、その埋めた穴について全部を解説しない~あとは読者が読んで想像して補ってね~というスタンスが良いですね。


たとえば、物語序盤aキラがリュークに2年後の再訪を約束させる意味について…、作中では語られていませんが、おそらくは自分の口座を持てる年齢まで待つ意味があったのだと思われます。
多くの銀行は口座開設に年齢制限はないようですが、作中のヨツバ銀行には年齢制限があったのでしょうね。(他に財産を親に管理されない民法上の意思能力の関係もあるかも)
おそらくaキラは元々(リュークに出会う前から)高校生になったらヨツバ銀行に自分の口座を開設するという親との約束・予定があったのでしょう。
だからこそ、ノートの所有権を捨てて記憶を失くした後でも口座開設に影響・問題がなく開設できたのだと考えます。
そして口座を開設したその年に大金を得る事になれば怪しまれるとも考え1年間という時間を空けたのだと思われます。

 

この辺りは作中で特には語られていないのですが、こういった感じで全部を語らないで読者に想像させるスタンスは好きですね。

 

そして、物語終盤・オチの展開についても読者からのツッコミの穴を埋めるために事前に色々と布石が打ってあります。


まずaキラはリュークに必ず約束を守る事を誓わせ、この約束のためにノートのルール変更を伝える事ができなくなっています。
リュークも途中でのルール変更はフェアじゃないので何とか知らせようとしたのでしょうが「約束」を強く念押しされていたためにあの結末になったのでしょうね。

(リュークが頭の回る死神であれば、リュークの持ってるノートを他の死神(ジャスティンあたり)に渡し(預け)aキラに触らせて一時的に記憶を戻しルールだけ伝えてもらう事も出来たと思うのですが、シドウ程ではないとはいえ抜けてるところのあるリュークのキャラクターでは思い至らなかったのも「納得」があります)


aキラがリュークに「二度と自分の前に現れない様に」約束させた事も、
「L vs キラ(ライト)」の戦いのときの一般宅に60個以上の監視カメラ設置の話を聞いていて、
さらにリュークが見える人間(松田達やニア)が居る事を聞いているのが布石になっていて、
もしヨツバ口座を持つ100万人宅にカメラを設置されリュークを見られたら言い逃れが出来ないと考えた結果、ノートの所有権/記憶を捨て、「二度と自分の前に現れるな」と誓わせた事に「納得」いく構成となっています。

大場つぐみさんの、こういった穴を埋めて話を構成するのはホント巧いですよね。


aキラ編はどういう展開になるのか楽しみながら読んでて面白かったのですが、1点、気になるというか不満な事があります。
それは、ニアが本編時より頭が悪くなっているという点。

 

おそらく最初の構想で「ニアを敗けさせる」というのがあって作られた話だと思うのですが、だからこそニアがaキラより頭悪く・デスノート本編時よりアホに作られているとのだと感じました。

 

aキラの考えが読み切れず結果「敗けた」ニアですが、
「大金をばらまき、星(犯人)がどこにいるか分からなくする」というこの方法って、
SPKの基地が出目川達に襲われたときに使った、「大金をばらまき大勢を群がらせそこに紛れて脱出する」というニアがデスノ本編でやってる事と発想は同じなんですよね。

 

それなのに(ニア自身が同じ事をやってるのに)、aキラの思考を読み切れないという事に「納得」がないのです。
これはやはりニアを敗けさせたいがために本編時よりアホにさせられてるんでしょうね。ココがちょっと残念ポイントでした。

 

(あとついでに、デスノ本編について言うなら、ニア編…あの決着はあまり納得はしてないんですよね…ジェバンニや魅上の行動に「納得」がないのもそうですが、
メロの犠牲があったとはいえ「ニアとメロの二人でLを超える」というはキャラクター的にも能力的にもちょっと「納得」がないんですね…
ここでLを超えるためには「命を懸けた結果」Lを超えた、という「納得」が欲しかったですね…そう、デスノ実写版でLが使った手~「デスノートに書かれた事は覆らない」を逆手に取った方法~
で、勝つというのなら「納得」があったのですが…大場つぐみさんに実写映画の金子監督の様な相棒が居れば漫画本編も「納得」の結末が作れていたのではと思います)

 

上記、残念な点が1点だけありましたが、aキラ編面白かったですよ。

 

 

以下雑記、

あともう1点納得がいかないというか釈然としない事が…

(内容自体についての話ではないのですが)

デスノ本編も今回の短編集についてもいえる事ですが、全編通して結局リュークの独り勝ちなんですよね…

 

死神界に退屈して「オモシロ」を求めて人間界にノートを落とし、ライトに拾われた結果、望み通り「オモシロ」を充分楽しんだらライトとさよならし、そして今回も面白く使ってくれそうなやつにノート拾わせそこそこ楽しんだらaキラとさよならし…と人間界を混乱させるだけ混乱させ、特に何の罰を受ける訳でもなくリュークは自身の望み通り「オモシロ」を楽しむだけ楽しむという独り勝ち状態(レムはリュークのオモシロに巻き込まれて消えたというのにね)…そろそろリュークも痛い目に遭った方が良い・バランスが取れるのではと気になっています。

 


以上

アニメ「はたらく細胞!!/はたらく細胞BLACK」 ~感想

録り貯めしていたアニメ「はたらく細胞!!/はたらく細胞BLACK」を一気観しました。
以下、多少のネタバレを含む感想となります。


2,3年前に放送されてまあまあ話題になった作品の続編。
正直、自分は2,3年前の当作品のヒットも良く分からない・納得できないんですよね…。
色んな擬人化のアニメがありますが、人間の細胞・体内環境の擬人化なんて昔っからありますよ。
それこそ「ためしてガッテン」なんかで何十年も前からやってますよ。他の番組~健康系・サイエンス系の番組内でも擬人化されてます。
全く新鮮さを感じないのになぜヒットしたのか・受けたのかよう分からんのです。
(ちょい前に電車の擬人化アニメというのもありましたが、発想としてはこちらの方が驚きが大きいですよ…面白さは別としてね)

 

そして、
作品の新鮮さには目を瞑ったとしても、内容も特に惹かれるものがないんですよね…。また「納得」がない、構成が上手くないなどの問題点もあります。


具体的には、やはりまず擬人化した細胞達に変にキャラクターを持たせている事。こちら側は細胞の擬人化アニメだと分かった上で観ているのに、赤血球や白血球に感情を持たせてキャラクターを作っている事、そのキャラクターでドラマを作っている事、細胞達がシリアスシーンで泣いたりしている事に、
観ている側としては細胞だろ?キャラクターなんてないよ、と全く感情移入できないのです。

はたらく細胞!!」にしても「~BLACK」にしても細胞達が泣いたり喚いたりするシーンがどうしても冷めた感じで観ちゃうのです。


性質が違う細胞ならキャラクターを持たせる意味もありますが、同じ細胞でありながら個性を持たせて無理やりドラマを話を創っているところに納得がないのです。

 

細胞達は人間っぽく描くよりは、その性質・役割から考えて、仕事を忠実にこなすマシン、ロボという風に描いた方が~身体を護る細胞は勇者ロボ、体内勇者ロボの話と描いていた方が納得もあったと思いますよ。


あと原作について…話のネタ的にもいつまでも続けられるものじゃないだろうに…その内必ずネタ尽きるよな、が見えてしまう作品、なのに何故そんな作品を描こうと思ったのか…
エンタメより社会に訴える使命感で作品を創っているのか…分からん。。。

 

色々と小さい不満はチョコチョコとありますが大きく貶すほどのものはなく作品の評価としては可もなく不可もなくとなります。

 

以上